ベトナム株が面白い理由とは? ベトナム株・投資信託ファンド情報と口座開設

ベトナム株式指数(VNINDEX)は最安値から2倍以上の株価に!

ベトナム株式指数(VNINDEX)は、2009年2月に234ポイントまで下落してから
2010年の4月16日現在で503ポイントまで上昇しています。

ほぼリーマンショック後の下落から復活した株価になったといっても良いでしょう?

過去のベトナム株式指数をチャートで確認すると・・・
1170ポイントまで上昇しています。

ただこの位置はベトナム株式指数(VNINDEX)に軽くバブルのような状況で投資資金の流入がかなりあったころなので、この位置までベトナム株式指数(VNINDEX)が上昇するとは言えません。

たださらに過去の株価チャートを見れば、この500ポイントの推移はすでに標準レベルの位置とも考えられます。

http://www.bloomberg.com/apps/cbuilder?ticker1=VNINDEX%3AIND

過去5年間のチャートを見た上での判断です。
もしくは、10年周期で見ればもっと低い位置になりますが・・・

ただここまでの長期間チャートは、正しく今のベトナム株式指数の数字を表示されているとはいえませんので過去5年間のチャート見ての判断です。

今後、さらにベトナム株式指数が上昇するには、ベトナム経済の成長率が伸びる動きにならないと厳しいかもしれません。

今後のベトナムのGDPの成長率などを負って株式投資に生かしたいですね。

VISTAのベトナム株が注目される理由

VISTAとは、 ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)の五つの国の事で頭文字からきています。

これらの国は近年株式市場が急速に成長してきており、投資の対象として注目されています。
これらの国の株をまとめてVISTA株といったり、これら国の有価証券に投資することをまとめてVISTA投資などといいます。

特にVISTAの中でも最近注目を集めているのが、ベトナム株だと思います。

VISTAの中でもベトナムは特別で成長率は中国に続いて第2位あり、今正に高度経済成長期真っ只中。
世界中の投資家たちが注目しているのです。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき、投資の幅が広がるという点もVISTAの中でもベトナム注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さく、ベトナムVISTAの中でも好条件なわけです。

注目を浴びるVISTAベトナム株、いかかでしょう?

ベトナム投資ファンドが注目されるわけ

ベトナム投資ファンドとはその名の通りベトナムへ投資するファンドのことをいいます。
ファンドとは投資信託のことで投資家から集めた資金を投資の専門家が、株式や債券などに投資運用し、収益が出たときにその成果に応じて、出資者に収益を分配するという仕組みの金融商品のことです。

では、何故いまベトナム投資ファンドが注目されるのでしょうか?

個人投資家がベトナムの株式を直接取引するには、現地での証券口座や銀行口座が必要となります。
そう簡単にはいきませんね。

そこでベトナムファンドが注目されているのです。
ファンドならば資金運用の専門家が介在しますので、個人は資金を提供するだけで、ベトナム投資が可能なのです。

そして今ベトナムが高度経済成長期真っ只中。
成長率は中国に続いて第2位であり、正にこれから!!と、
世界中の投資家たちがベトナム投資ファンドに注目しているのです。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき投資の幅が広がるという点もベトナム投資ファンドが注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さく、ベトナム投資ファンドは好条件と言えるでしょう。

株でベトナムへ投資するにはどうする?

最近、資産運用の広告をよくみます。
中でも「株」は広がっているようです。

今ベトナムへの投資が注目を集めていますが
株でベトナムへ投資するにはどうしたらいいでしょうか。

現在、外国の証券会社が“ベトナム以外”でベトナム株を売買できないということが定められています。
“ベトナム以外”で売買“出来ない”ということは、“ベトナムでなら”売買“可能”と言うことです。

つまり、株でベトナムへ投資するには、まずベトナムの証券会社に口座を開設しなければなりません。
ベトナム証券口座を開設するには、現地ベトナムに行って手続きをする方法か、ベトナムに行かず、所定の用紙に記入し、国内で認証を行いベトナム証券口座を開設する方法があります。
口座開設をして始めて株でベトナムへの投資することが出来ます。

株でベトナムへ投資する魅力としては以下の点があげられます。

今ベトナムが高度経済成長期真っ只中。
成長率は中国に続いて第2位であり、正にこれから!!と、
世界中の投資家たちが株でベトナムへ投資することに注目しているのです。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき投資の幅が広がるという点も株でベトナムへ投資することが注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さく株でベトナムへ投資することは好条件と言えるでしょう。

ベトナム株式の投資を始めてみよう

文字通り“ベトナム”の金融商品に投資することです。
主にベトナム株式への投資を意味しています。

ベトナム株式への投資が注目を集めています。

なぜなら今ベトナムが高度経済成長期真っ只中。
成長率は中国に続いて第2位であり、正にこれから!!と、
世界中の投資家たちがベトナム株式への投資に注目しているのです。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき投資の幅が広がるという点も、ベトナム株式への投資が注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さくベトナム株式への投資は好条件と言えるでしょう。

現物株を日本から個人が売買するには現地の証券会社に口座開設する必要があります。
わざわざ出掛けて口座開設する人のために、ツアーを用意する会社もありますが、日本からも日本の証券会社を通じて投資できるようになってきています。
ファンドを使えば手間やリスクを省きやすくなります。

ベトナム株が注目されるわけ

今、ベトナム株式市場注目を集めています。

ベトナム株市場注目される理由は稼ぎやすい環境にあることです。
なぜなら、ベトナムが高度経済成長期真っ只中。
成長率は中国に続いて第2位であり、正にこれから!!

中国が消費拡大しており、ベトナムにも多くの生産拠点ができました。
中国の市場は、まだまだ拡大しており、ベトナムからの輸出も増える思われます。
つまり、ベトナム株式市場は、今後も上がり続ける可能性が高いというところが注目される部分でしょう。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき投資の幅が広がるという点もベトナム株式市場注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さいのです。

さらにベトナム株式市場には季節的に特徴があります。
ベトナムは12月決算なので、12月の決算状況が良くなりそうだという秋口ころに上昇し始め3〜4月ごろまで上昇し続け、大体夏場ぐらいに底をつきます。

ここは注目ですね。

つまり、ベトナム株式市場での買い時は夏、正に「今」で、売り時は春ということになりますね。

ベトナム株への投資はどう?

文字通り“ベトナム”の金融商品に投資することです。
主にベトナム株への投資を意味しています。

ベトナム株への投資が注目を集めています。

なぜなら今ベトナムが高度経済成長期真っ只中。
成長率は中国に続いて第2位であり、正にこれから!!と、
世界中の投資家たちがベトナム株への投資に注目しているのです。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき投資の幅が広がるという点もベトナム株への投資が注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さくベトナム株への投資は好条件と言えるでしょう。

現物株を日本から個人が売買するには現地の証券会社に口座開設する必要があります。
わざわざ出掛けて口座開設する人のためにツアーを用意する会社もありますが、日本からも日本の証券会社を通じて投資できるようになってきています。
ファンドを使えば手間やリスクを省きやすくなります。

ベトナム株投資とは?

文字通り“ベトナム”の金融商品に投資することです。
主にベトナム株への投資を意味しています。

ベトナム投資が注目を集めています。

なぜなら今ベトナムが高度経済成長期真っ只中。
成長率は中国に続いて第2位であり、正にこれから!!と、世界中の投資家たちがベトナム投資に注目しているのです。

また、上場銘柄も急増してきていること、海外株としては珍しく個別銘柄が自由に売買でき投資の幅が広がるという点もベトナム投資が注目される理由のひとつです。

そして何より国民性が穏やかでテロやクーデターの心配がなく、政治も安定しているのでカントリーリスクが小さくベトナムへの投資は好条件と言えるでしょう。

現物株を日本から個人が売買するには現地の証券会社に口座開設する必要があります。
わざわざ出掛けて口座開設する人のためにツアーを用意する会社もあります。

でも、日本からも日本の証券会社を通じて投資できるようになってきています。

ファンドを使えば手間やリスクを省きやすくなります。

ベトナム株とは?

今注目されてきている「ベトナム株」とは何か…

ベトナム株」とはベトナムの証券取引所に上場している株のことです。

従来の取引は現地の証券会社でないと取引できなかったようですが最近では徐々に日本の証券会社を通してベトナム株の売買ができるようになってきたみたいです。

今なぜ注目されているのかというと、今ベトナム株は稼ぎやすいからです。

それはベトナム株のほとんどが、上昇トレンドにあるからです。
中国が消費拡大しておりベトナムにも多くの生産拠点ができました。
中国の市場は、まだまだ拡大しておりベトナムからの輸出も増える思われます。
つまり、ベトナム株は、今後も上がり続ける可能性が高いということです。

日本のバブル時代に似ているかもしれません。

さらには季節的に特徴があります。
ベトナムは12月決算なので、12月の決算状況が良くなりそうだという秋口ころに上昇し始め3〜4月ごろまで上昇し続け、大体夏場ぐらいに底をつきます。

つまり、ベトナム株の買い時は夏、正に「今」で、
売り時は春ということになりますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。